*

認知症&脳卒中、脳ドック大潜入!・・・2014年8月17日 健康カプセル元気の時間【TBS系列】

公開日: : 最終更新日:2014/12/14 未分類


いつも、ため息ばかりついているワタクシですが、
なんと、なんと、番組始めのクイズで、

”ため息をつくと”コルチゾール”が大量に分泌され、脳機能の低下をまねき、認知症につながる。”
とのことで、”ギョギョギョ!!!!!!”とテレビに見入ってしまいました(^^ゞ

元気チャレンチャー、あべこうじがむかったのは、

「東京都大田区 くどうちあき脳神経外科クリニック」
の工藤千秋先生曰く、

脳ドックというのは、

「だいたい、40歳以上の方におすすめです。」
とのことです。

くも膜下出血などは30代後半から40代がピークだそうです。(-_-;)・・・

 

MRI検査をして、
MRA検査を行います。

MRIというのは、強力な磁場(磁気)磁石・・・で、脳内の画像を撮ります。

MRAというのは、ソフトウェアで、
MRI画像から、脳の血管だけを抽出して見るソフトのことをいい、
脳出血・くも膜下出血の原因になる狭窄やコブがないかを調べます。
なんと、1mmの血管も見れるそうです!

MRIは、強力な磁場をつくるので、コイルが振動して大きな音がでるため、
この病院では、耳栓をします。で、頭をガッチリ、しっかり固定します・・・

トータル25分

以前、腰のMRIを撮影した時がありましたが、こんなに時間かかったっけ??
耳栓もしなかった気がします。

で、MRI脳画像で一番大事なのは、色も形も左右対称であるということ。
画像の白と黒を反転させて、確認します。

さらに、MRAで脳の血管だけを浮き出させ、狭窄やコブがないかみます。

次に、頸動脈エコー検査で血管に狭窄やデコボコがないか確認します。
あると、脳梗塞を引き起こす恐れあります。
脳卒中を防ぐ原点は、
血圧、血液の状態を見る、食生活だそうです。

脳ドックを受診する目安は、
50歳代まで、3~5年に一度、
60歳以上は1年に一度、
だそうです。
日本医科大学千葉北総病院
神経・脳血液内科部長

山崎 峰雄 先生曰く、

症状がない脳梗塞を抱えている人は、
65歳以上だと、2人に1人位で、
年齢が増えるともっと、多くなる。

恐ろしい・・・
今、増えてきている脳の病気といえば、
認知症で、
462万人の患者がいて、
軽度認知障害は400万人・・・

65歳以上の8人に1人が認知症という、
計算になります。
認知症を調べる、
”物忘れドッグ”に行く・・・

東京都荒川区
東京リバーサイド病院

日本医科大学千葉北総病院
神経・脳血液内科部長
山崎 峰雄 先生曰く、

認知症というのは、一度能力が備わった後に、
記憶する力が落ちたり、判断したり考えたりする力が落ちる病気だそうです。

認知症の種類は、

アルツハイマー型 66.2%、
脳血管性 19.6%、
レビー小体型 6.2%
その他8%
MMSE検査というのをやります。

これは、
見当識(状況確認)、記憶力、計算力、図形的能力、言語的能力
の5項目を30点満点でみるもので、

まず、単語を3つ覚える。

次に、

100から7を引き続ける暗算をする。

その後、
先ほど覚えた単語を3つ言うというのをやります。

そのほか全部で問題は11問・・・様々な問題が出る。
MRI検査で、記憶を司る、海馬の大きさをチェックする。
海馬が萎縮して空洞ができてしまいます。

1人の元気チャレンチャーに、
感情の動きを司る扁桃核に萎縮の可能性がみられた。

もし、認知症と診断されたら・・・
薬なども出てきていて、進行を遅らせることができる。

最新の認知症検査では、認知症のタイプと時期がわかる。

順天堂東京江東高齢者医療センター
井関栄三先生、

PET検査で、

脳内のブドウ糖代謝をしらべる。
アルツハイマー型認知症に進む人は、
脳の内側にある、後部帯状回の代謝が低下しているそうです。

後頭葉・視覚野の代謝が低下している人は、
レビー小体型認知症に進む・・・

などということがわかっていて、

認知症の種類と時期を判別することができます。

認知症別のより有用な治療法が進展してきている。
認知症になる前のレベルで、
ふさわしい治療をしていくことが重要

認知症検査は日々進化している・・・
逆さ読みをしてみる、

行ったことや、話したことを忘れていて指摘されたら危険な物忘れの可能性が、

あるそうです。

認知しよう(症) 忘れる前に 脳ドック

う~ん、
私も、脳ドックに行ったほうがいいのかな・・・・・・

 

 

関連記事

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑